お客様お客様

蒸し暑くて寝苦しいんですが、、、
快眠方法何かないかしら?

渡辺大介渡辺大介

寝苦しいときの対処はどうされてます?

お客様お客様

エアコン付けて寝てます。

渡辺大介渡辺大介

エアコン以外にもいくつか快眠方法はありますので説明していきますね。

体温のメカニズム

身体の中心部の体温(深部体温)が下がると
眠気が強くなります。

眠いときって手足がポカポカあたたかく
なりませんか?

これは深部体温を下げる準備として
熱を手足に運んで発散させているからなんです。

要するに、寝つきが良くないときは
この熱の発散効率が悪いと思います。

冷え性では快眠を得られない

冷え性では血液の循環が滞っている状態です。

つまり、深部体温の熱を手足に運ぶ効率が
悪くなっているので身体の奥に熱がたまり
快眠を得るのは難しいでしょう・・・

体温の変化に逆らわない

私たち人間の体温は時間帯により
上がったり、下がったりしています。

上下で約1℃くらいでしょうか。

夕方~夜にかけて体温がMAXになり
その後だんだんと下がってきます。

そして夜明け~早朝にかけて最も
体温が低くなります。

このバランスというかメリハリが
しっかりしていると快眠を得られます。

なので、日中にエアコンがきいた部屋で
過ごされていると体温調整がうまくいかなくなり自律神経が乱れてきて寝つきが悪くなります。

 

とは言っても、、、
お仕事によってはエアコンがきいた部屋で
過ごさなくてはいけませんよね・・・

でも諦めてはいけません。

 

快眠方法をいくつかご紹介させていただきます。

快眠方法

ぬるめのお湯で入浴

38~40℃10分~20分ほどつかっていると手足の血管が開いて体温が下がりやすくなる。

脚に温冷刺激を与えることで
副交感神経が優位になってリラックスでき快眠できる。

~やり方~
43℃くらいのお湯をシャワーで2~3分間
左右の脚に交互にかける。
次に20℃くらいの冷水シャワー20秒ほどかける。

 

エアコンで最適な室温にする

室温が暑すぎてしまうと深部体温が下がりません。

ですので設定温度を28度ぐらいにして
あとは扇風機を併用して最適な室温にしてから眠れば睡眠の質が上がります。

※ずっとつけっぱなしで寝るのはおすすめできないので
タイマーかけてから寝てくださいね。

 

パジャマで寝る

トレーナーやジャージなどの

スポーツウェアで寝ていませんか?

運動時を想定してつくられているので機能性はあってもリラックスできる肌ざわりや柔らかさはありません。

なので寝る時は適していません。

それに比べてパジャマは寝返りがしやすく
吸湿吸汗のことも考えられて作られています。

寝ている間、深部体温の熱を下げる為に
多くの汗をかいて熱を下げています。

この汗は肌を伝う汗ではなくて皮膚や呼気によって発散される『不感蒸泄(ふかんじょうせつ)』と呼ばれる生理現象です。

不感蒸泄の割合:皮膚から約600ml,呼気から約300ml
※成人で常温安静時の時

 

まとめ

比較的簡単に快眠できる方法をまとめてみました。

焦らず、ひとつずつでいいので実践してみてください。

 

ポイントは『深部体温を下げる』ということです。

体温のメカニズムを知ることの

重要性が分かっていただけたかと思います。

 

あとは寝る環境も大事になりますので

今一度寝具の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

 

人生の3分の1は睡眠の時間になりますから

寝具にお金をかけて自分に最適なものを

揃えてみてください。

 

あなたの睡眠の質が上がりますように・・・

 

 

 

The following two tabs change content below.
アバター
はじめまして。整体師の渡辺と申します。 癒しの業界で培ってきたノウハウや知識を活かして2016年9月に浜松市にて「癒しサロンリカバリー」をOPEN。様々なお悩みを持つお客様と真摯に向き合いお客様との信頼を構築してきました。その中でもっと癒し業界を盛り上げたい気持ちが芽生え、同年「リカバリーツボ指圧スクール」を開校。実績が認められ、体質改善のプロとしてメディアに掲載。某全国誌にも「頭ほぐしのプロ」として掲載された実績を持つ。